特徴の違い

デスクで電話する女性

 保険なんてどの会社と契約を結んでも、似たりよったりの補償内容になっているはずだと思い込んでいる人が多いですが、会社によって保険商品の特徴に大きな違いが生じています。保険金が支払われる条件に微妙な違いがあったり、補償額そのものに差があったりするケースが多いのですが、そのことをよく知らない人がほとんどです。でも、特定の保険会社の営業マンに質問したとしても、他社の保険商品の商品概要を詳しく教えてもらえるようなことはありません。しかし、最近登場してきた第三者機関が運営する保険相談窓口を利用すれば、複数の保険会社が提供している保険商品を公平な立場から紹介してもらうことができます。どの会社の商品にも、メリットとデメリットの両方がありますが、保険相談窓口はそれらを全部教えてくれますので、本当の意味で最善の選択をすることができます。

 第三者機関が運営する保険相談窓口は、無料で複数の会社の保険商品を紹介してくれます。紹介料等が取られる心配は一切ありませんし、個別の保険会社を利用した時のようにしつこい営業をかけられてしまうような心配もありません。自分のペースで保険選びをすることができるため、たくさんの人が保険相談窓口を利用しています。ただし、保険相談窓口には営業時間というものがあります。土日も営業している窓口が多いですが、深夜に営業しているようなところはありません。仕事の都合で夜遅い時間しか体が空かないという人は、保険相談窓口を利用することができません。でも、インターネットに対応している保険相談サービスが存在していますので、時間的制約がある人にはおすすめすることができます。